BLOG

ブログ

カテゴリー:他

    庭づくりの準備。その2

    先日から少しずつご紹介をしている庭づくりの準備。今日は第二弾として、外構ローンのお話をしてみたいと思います。実は、「外構もローンが組めますよ」とお伝えすると驚かれるケースが少なくありません。外構でローンを組むには、大きく分けて2通りあります。■新築の場合ハウスメーカーさんへ依頼をして、外構費用も含んでローン申請をしても...
    (続きを読む)

    庭づくりの準備。

    とても寒くなりましたね。会社の庭も真っ白で、雨どいには氷がしっかりとまとわりついています。 さて、今日は「庭づくりをしたいと思い立った時にどうすればいいか?」について少しお話をしてみたいと思います。今回は予算組みについて。お客様から伺う事は…・家を建てるのに予算がかかってしまい、庭づくりの予算が減ってしまった・玄関アプ...
    (続きを読む)

    今季一番の寒波到来?

    温かい気候も最後…今週末~来週にかけて天気が崩れる予報ですね。今日は東町店舗の進捗はお休みをして、冷え対策について取り上げてみたいと思います。 先日、冷え対策として、アンダーソックスと暖かい靴下の2枚履きが良さそうとお伝えをしておりました。※コチラ今日は、身体の中からぽかぽかできる、、かもしれないお話をしたいと思います...
    (続きを読む)

    耕盤層。

    年の瀬も押し迫り、洗馬の庭には雪が積もっています。今週から東町店舗の施工は他業者さんが入るため、年内は一旦ストップ。年明けから再開となります。さて、今日は水はけの悪い環境について取り上げてみたいと思います。土が押し固められ、水が抜けない土壌環境となっている場合。耕盤層という層が出来てしまっている事があります。* * *...
    (続きを読む)

    信州の気候風土。

    いよいよ12月を迎え、冬の訪れを身近に感じるようになってきました。山にはうっすらと雪が積もったり、朝の霧や、低い雲等、少しずつですが冬へと向かう時間の流れを感じます。長野県は車のタイヤ交換(スタッドレスタイヤ)が大忙しです。さて、今日はそんな信州の気候風土について調べてみました。長野県は、四季を通して1日のなかでも気温...
    (続きを読む)

    紅葉のメカニズム。

    すっかり紅葉も終わり、冬に水分不足で枯れてしまわないためにも木々たちは葉を落とし、冬の準備を着々と進めています。数か月に渡り楽しませてくれた紅葉。今日はどのようにして紅葉をしていくのかを簡単ですが調べてみました。まず寒くなり日照時間が短くなると葉の活動を穏やかにするため、葉の根元に蓋のようなものを作ります。(離層)そし...
    (続きを読む)

    土づくり。

    植物をいい環境で育てるためには、土づくりは大切です。一般的に、水が通るときに空気が一緒に通るため、水はけのいい土づくりは重要と言われています。弊社が庭づくりをしている際に、見て頂いていた方も多くいらっしゃるかと思いますが、土にバーク堆肥を雑ぜる事があります。今回は、このバーク堆肥が「土を団粒構造化させる」という事につい...
    (続きを読む)

    植物の能力。

    静かに、そして穏やかに生長を続けている植物たち。実は、今科学の力によって驚くような研究結果が出てきているそうですね。※NHKスペシャル 超進化論 植物からのメッセージ植物たちは、外敵に食べられると、自分の体内で有毒物質を作りだしているという事がわかってきているそうです。その有毒物質も、その時々によってブレンドしているの...
    (続きを読む)

    移植の準備。根回しの役割

    秋晴れのいい天気ですね。今日は会社の丸が、足元にくっついて来てくれました。丸は犬のように懐いてくれるネコです。さて、先日ご紹介した長倉の庭。土留めの為に、境界沿いをほぼ垂直に掘ってあるのですが、土の中から草花の根が覗きます。根が切られた先から、水滴が出てきており、とてもきれいでした。(その水は、白い膜に覆われており、養...
    (続きを読む)

    背紋。

    夏季休業が終わり、本日より営業しております。さて、以前より庭蒼では職人さんが着用する、法被を藍染めにて作っておりました。制作依頼させて頂いたのは、白木染工場さん。以前ご紹介した、藍染のクロスでもお世話になった、創業約130年 松本唯一の染物屋さんです。▶藍染のクロス。法被1枚につき約5mの布を染め上げる必要があり、冬~...
    (続きを読む)

    道端でよく見る春の花。ハルジオンとヒメジョオン。

    この時期、道端でよくみかけるこのお花。ひとくくりに雑草としてしまいがちと思います。写真左の名前は、ハルジオン-春紫菀-(キク科ムカシヨモギ属)花言葉は追想の愛。だけと思っていたのですが、とてもよく似た花も混在しているようで、それがヒメジョオン-姫女菀- (キク科ムカシヨモギ属 写真右)。 ハルジオンヒメジョオン 同じだ...
    (続きを読む)

    カイガラムシ。

    庭ではお騒がせとして知られるカイガラムシ。日本では約400種類以上ものカイガラムシが存在しています。一度植物にくっつくとその堅い殻や、ロウ物質が薬剤を弾いてしまうため、薬剤を活用した駆除は難航する事が多く、確実なのは手袋をして取ったり、使い古しの硬めの歯ブラシなどでこそげ落とす等といった物理攻撃ともいわれています。そん...
    (続きを読む)