BLOG

ブログ

カテゴリー:庭造り・メンテナンス

  • 薪ストーブ。

    12月。朝も夜も冷え込むようになり、事務所を薪ストーブで暖めます。 薪に使う木は、幹の皮をつけたままでは水分が抜けづらいため、割って保存することを初めて知りました。流木も、川で流されている間に木の皮が剥けることで、打ち上げられた時に、真っ先に水分が抜けていくのだそうです。 木の皮の保湿力。また植物の強さを感じました。...
    (続きを読む)

  • 雑木林の打合せ。

    久しぶりに青々した空を望めました。 先日、ご相談をいただいていた雑木林の中に、お野菜の保管庫や、薪置き場、大きめの窓のある小部屋とウッドデッキを作る打合せです。 倒木をよく見ると腐朽菌が木部を分解し、ブロック状になっている部分が覗けたり、フクロウのように盛り上がったクヌギも見つかりました。 雑木林にはいろんな発見があり...
    (続きを読む)

  • 諏訪鉄平石の採掘。

    長野県諏訪市にある鉄平石の採掘場です。 鉄平石は諏訪地方で、強風でも飛ばされず、瓦よりも寒さや積雪に強いといった性質から、江戸時代後期から明治時代に、民家の屋根材として利用されていた石。 「鉄」のように硬く、「平ら」に割れる特徴から、「鉄平石」という名前が付けられたそうです。 今回は、玄関アプローチの小端立に使用する鉄...
    (続きを読む)

  • 植え替えと、靴脱ぎ石の仮置き。

    今日は、お庭になるスペースに植えられていたボタンの木の植え替え。そして、靴脱ぎ石の仮置き。アプローチの踏み分け石のイメージ確認が行われています。 移植のために、根が切れてダメージを受けているので、水が下まで浸透するように水鉢を作り、水分の吸い上げを助けます。よく見ると、ピンク色の新芽がいくつも出ていました。しっかりと根...
    (続きを読む)

  • 雑木林の剪定。

    先日、窓の外の美しい景色を維持していくため、雑木林の剪定についてご相談を頂きました。伐採し、整地をして、何かを付け加えるのではなく、その土地に自生した木々をそのまま活かし、自然界で行われている共存共栄の摂理に基づきながら、エネルギーのある木を生かし、既に倒れている木や、生存競争の末に弱り傾いた木を切っていきます。 そし...
    (続きを読む)

  • 現場確認。

    先日着工した現場は、土留めが着々と進んでいます。今回、土留めに使った石は、お客様が新築される前から持っていらっしゃった石。 多くの石が並んでも、力強さはありつつ、主張しない所が不思議ですね。 そして、本日は玄関アプローチのラインの確認もお客様と行いました。ロープを置いては、少し離れて確認する事を繰り替えし、アプローチの...
    (続きを読む)

  • 着工。

    秋晴れの快晴の日、今日から着工です。現場の職人数名と設計担当が、打合せを行い、使う素材や、各所のイメージ等、細かく確認をしていきます。 現場は、丁張り(位置だし工事)の真っ最中でした。これから着々と進んでいく工事。庭蒼一同、お客様に心から喜んで頂けるお庭造りに挑んで参ります。 柏原
    (続きを読む)

  • 仮置き

    11月も中旬。風が強い日も重なり、事務所の木々も落葉してきました。丁度、紅葉を始めたもみじもありますが、冬の準備のはじまりですね。 先日、築山作成、景石仮組が終わり植物の仮置き工程の撮影をしてきました。窓から見た時に植物の顔がこちらを向くように置きます。今回の現場は、室内の窓から見た時に、一年通して美しく見えるよう、隣...
    (続きを読む)

  • ワイルドにランダムに

    こちらの現場ではお施主様と一緒に採石場へ。 諏訪鉄平石を沢山使い、ワイルドにランダムに並べたアプローチを施工しました。 石質の特性を生かしながら穏やかな傾斜も「人が歩く道はかくあるべき 」 と語ってるようなアプローチ。 周りには重厚な雰囲気をかもしだす自然石、四季変動の植物といった相対するもの同士がこれから先お互いに美...
    (続きを読む)

  • 苔庭

    先日、剪定に行かせて頂きました。美しく苔が育つ環境を優先に考たお庭になります。 苔は水を守り、浸食を防ぎ、雨水を濾過し、有害な化学物質を浄化し、二酸化炭素を吸収するなど環境保護の手段としての顔を持っています。苔には美しさ以外にもこうした効用がある地球にも優しい素材でもあります。 お施主様の日々の手入れや愛情をもって管理...
    (続きを読む)

  • せっかくの積み重ね

    作庭時に使用する石材を実際に採掘されている山で選んで仕入れています。 一つ一つの石を自分の目と手でしっかりと確認しながら仕入れる事で「せっかく選んだ石」と言う思いが生まれ、次の作業に魂が込められます。 物作りとはその「せっかく」の積み重ねが良い結果に繋がって行くものなのです。
    (続きを読む)

  • 4年目のお庭

    先日剪定に行かせて頂いた現場です。2017年に作庭し、今年で4年目。 植物って本当に難しいですね。全然大きくならないと思っていたら、一気に伸びたり、突然枯れたりしますが、 それでも木々は頑張って枝葉を広げ、必死にこの土地に根付こうとしています。 お施主様が手をかけながら育てあげ、 継続的な管理によって作られたお庭の美し...
    (続きを読む)